HOME > 嫌われるNGメールリアル編 > 催促メール

不快を増大させる催促メール

メールの返事が来ないとき。ひと言でもいいから返事が欲しくて、つい催促めいたメールを出してしまいがちですが、これは相手を不快な気持ちにさせること間違いありません。

ひと目で分かるチェックポイント!

1)返事が来ないときは、相手の気持ちを察して催促しない
2)どうしてもメールしたい場合は、催促ではなく普通にメールを送る


先生

嫌っている相手からメールが来ても、返信どころかスルーするだけだから、これは問題外として。忙しかったりタイミングが合わなかったり、返信の気分じゃなかったり…で、メールの返信が遅れることって、珍しくないと思うんですよね。
恋人だったり、好きな人だったら、速攻で返信しますが、それ以外の普通の人の場合。そんなとき、こういうメールが来ると、ちょっとむっとします。

返事遅いけど、どうしたの?嫌われちゃったかな。


ジロー

「エーン!メール来ないよー」というのも、もらったことがあります。
その時は、風邪で熱出してたから、メールする気力がなくて遅くなっちゃったんだけど、このメールで、その子とメール交換する気分が萎えました。

先生

そうなんですよね。
まあ、女性の場合は「返信する気分になれない」という気分的な問題で、メールの返信が遅くなることも多々あるわけですが、何らかの事情があってメールができない場合だってあります。

例えば、深夜まで残業していれば、家に帰れば何もしなくないし、寝るだけで精一杯。
ジロー君のように、風邪をひいたりインフルエンザで高熱を出しているときは、メールする気力なんてひとかけらもありません。

事情があってメールできない場合は特に、催促メールをくれた相手に対して「自分本位で、こっちの状況を思いやってくれることはないの?」なんて思ってしまったりで、例えば、今まで楽しくメール交換ができていたとしても、このメールで気持ちは一気に萎えてしまうんですよね。

ジロー

とはいえ、女性の場合は「気分に左右される」っていうのもありますからね。

先生

大抵の場合は、メールを返す気分にならない…でしょうね。
でも、気分が乗らないときに「返事遅いけど」なんて催促メールが来たら、それこそ気分が悪くなりますよ。そして、それっきり2度とメールが来ないなど、取り返しがつかない状況になる可能性も大。

ジロー

うわ!それは避けたい…。

先生

なので、「返事遅いなー」というときも、わざわざ正直に「返事遅いけど!」なんてメールをしないで、普通にメールをすれば良いわけです。

相手は、催促メールをもらって「あ。そういや返信してなかった」と気が付いきますが、「遅い」とズバリ指摘されてしまえば、反省を通り越して「あんたは私の何?彼でもないのに、なんで遅いとか言われなきゃならないの?」ってなる。

そうじゃなくて、いつものようにごく普通のメールをする。そうすれば、相手も「あー、この前のメールに返信してなかった。悪かったなー」と多少は反省してくれるし、責められていない分、メールの返事もしやすくなるというものです。

ジロー

確かに、お互いが恋人同士でもない、単なる友達だったり、メール交換を始めたばっかりの間柄であれば、責められて良い気分になる人はいないですからね。もうちょっと、寛大な気持ちで接するように心がけよっと。

▲上へ


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

ラブサーチ攻略法

悪質な出会いサイトに注意

出会いメール体験談

相互リンク


婚活おすすめランキング

第1位:ブライダルネット
⇒会費は高めだけど、SNS的に楽しみながら婚活できるので、要注目。

第2位:ラブサーチ
⇒ラブアンサー、ラブほめなどユニークな機能で出会い率UP。女性にも人気の出会い&婚活サイトです。
完全攻略法を見る

第3位:ASOBO
⇒男女とも無料で入会できる点が魅力。アバターやゲームなど遊べるコンテンツもいっぱい。

モテテクを学ぼう